HOME > コラム > スタッフルームより愛を込めて~北斗のダイエット日記⑤~

コラム

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

スタッフルームより愛を込めて~北斗のダイエット日記⑤~

あらすじ:急激な食事制限に、身体異常による限界を感じた北斗が意を決して向かった中華料理店の目の前で見たものとは!?

シャッターである。

北斗「…え?今日、金曜日よ…?何でよりによって今日お休みしちゃうの?…ありえない…。」

どれだけ店の前で悪態をつこうがシャッターが開くことはない。
シャッターの前で5秒程立ちすくみ、他の店に行こうか逡巡する。
勿論他にも炭水化物を出してくれるお店はいっぱいある…。
ここから移動する面倒さもさる事ながら、僕の口と身体が求めていたのはこのお店のラーメンとチャーハンor天津飯なのだ。

きっとこれは神様が「まだまだ炭水化物によるダイエットを諦めちゃいかん」と言っているのだろう。
と言う解釈に落ち着き、自宅に戻りいつもの納豆とキムチに加え、炭水化物として素麺を2束湯がくにとどまるのであった。

現在の体重は68.1kgである。

つづく…のか。


< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ